どんな住宅ローンにしたかで、借り換え時は変わってきます。返済に行き詰まって住宅ローンが返しきれないという人は少なくありません。該当するのは、長期固定金利型の住宅ローンを使う人などです。短期固定医金利ローン、変動金利ローンの中には、借り換えで返済金額を少なくできる場合もあります。住宅ローンを借り換えることによって返済が少なくなるためには、現在の住宅ローンより低金利の住宅ローンを借りることが大前提となっています。現在の住宅ローンはとても低金利で、より低金利のローンに借り換えることができないならば、住宅ローンの借り換えをしても得をすることはまずないでしょう。住宅ローンの借り換えを念頭に置いて、ローンを選択するのも一つの手です。ローン選択に迷ったら、まずは、フラット35のような長期固定金利の住宅ローンを利用しましょう。まずはやってみて、頃合いを見計らって銀行の変動型ローンにするのもいいでしょう。初回の借り入れタイミングで既に変動金利制にする方もいます。変動金利ローンにはどのような貸付条件があるかをチェックしてもいいでしょう。住宅ローンの支払いに困ったら、そのままほ放置しておくのはやめましょう。少しでも金利が低い住宅ローンに借り換えることができれば、月の返済負担も楽になり、最終的に支払うローンの返済金額も少なく抑えられます。

error: Content is protected !!