脂肪が肝臓に蓄積する状態、つまり脂肪肝が意味する状態。脂肪分の多い食事を続けると、肝細胞に中世の脂肪が蓄積し、肝機能自体が低下します。この脂肪肝疾患は、進行すると肝硬変になりやすく、肝がんにつながる可能性があるため、過小評価することのできない病気です。脂肪肝の原因は、動物性脂肪とアルコールが豊富な食事です。脂肪を食べすぎると、肝臓が脂肪を分解できなくなり、その結果、食事から食べた脂肪が肝臓に蓄積します。また、お酒を飲みすぎたり、肥満や糖尿病に苦しんでいる人にも注意が必要です。脂肪肝疾患の具体的な症状は何ですか?肝臓は無症候性臓器と呼ばれ、自覚症状が出にくいという特徴がありますが、少しくすんだり、疲れやすいため、最初は見落とされがちです。症状が進行するにつれて、食欲不振や右上腹部の痛みなどの明らかな自覚症状が現れます。ほとんどの脂肪肝疾患は血液検査で検出されるようで、主な治療法は食事療法と運動です。具体的な治療法は、脂肪や糖分の多い食事を控えること、運動を取り入れて体重をコントロールすること、アルコール性脂肪肝疾患の場合は飲酒をやめることです。脂っこいものを毎日食べたいという方は、食事の内容を見直し、必ず健康診断に合格することが大切です。リセラン 販売店

error: Content is protected !!