洗顔は意外で、その方法を知っている人はあまりいません。顔をきちんと洗う方法を知っていると、より効果的に顔を洗うことができるので、顔を洗うのに多くの時間を費やす必要はありません。顔を洗うときは、ヘッドバンドまたはターバンを使用して髪が顔に触れないようにして、額、耳の前、さらには生え際まで洗うことができるようにします。顔を洗う前に、石鹸で手を洗うことを忘れないでください。洗顔料を泡立てるとき、手が汚れていると泡立ちが悪いので、洗顔する前によく洗う必要があります。洗い始める前に、まずぬるま湯を注いで顔の毛穴を開けてください。ここでは、最初に顔のほこりや汚れを取り除くことができます。ぬるま湯を顔に塗ると、洗顔料が顔に溶け込む効果が期待できます。お湯で顔を洗うと肌が乾燥するので、ぬるま湯を少し使うのが一番です。入浴時に体につけたお湯で顔を洗う場合は、少量の水で温めてからご使用ください。次に、洗顔料を泡立てますが、空気をたくさん加えて固い卵サイズの泡を作り、テクスチャーをできるだけ細かくします。洗顔時に顔をこすらないでください。泡で汚れを包むために顔を取り除くことをお勧めします。プロスタイルレギンス

error: Content is protected !!