転職者のうち、卒業後3年未満の社会で働いている人や25歳くらいまでの若い世代を2番目の新卒者と呼びます。今まで、2年生の転職についてはあまりよくわかりませんでした。旧社の色に染められていませんが、マナーが良く社会に参入できるというメリットがあります。年齢の可能性が高く、転職後も会社の色に簡単に色付けできる世代です。 2年生の卒業生はこの点で魅力的であり、現在、転職市場で求められています。就職しようとしているのに、実際に仕事をしていると、想像とは違う時や、本来思っていたような仕事ではない時があります。したがって、転職市場の2年生の数はかなり多いと考えられます。この世代の人々は生涯の雇用にあまり興味がないかもしれません。現在、団塊の世代が多く退職しており、世代交代により若者が不足しています。転職市場は2年生にとって絶好の機会のようです。特に事務・営業においては、2年生の卒業生の需要が高く、社員としてすぐに期待される存在として有用です。 ITのような情報関連部門や、顧客基盤が若いマーケティング部門での採用においても、2番目の新卒者はすぐに力を発揮することが期待されています。 2人目の新卒者は、若者に心が役立つ転職市場の企業に求められていると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!