個人のクレジットカードを申請する場合、個人の制限は試験の内容に基づいて設定されます。与信枠とも呼ばれる与信限度額は、1991年に日本クレジット協会が推奨した基準に基づく与信限度額です。若者やクレジットカードの利用率が低い人は、標準よりも低い契約に署名することが決定されています。クレジットカード発行後、カードの利用状況や返金設定を確認します。もちろん、すべての企業に共通のブラックリストを確認することもできます。ただし、これまでクレジットカードの利用頻度や利用場所、返済に問題がないかなどを検討し、クレジットカードの上限を引き上げています。限界は、ポイントシステムと呼ばれるポイントシステムによって判断されます。返済できた人の属性(年齢、職業、家族構成など)が採点され、それに応じて評価されます。たとえば、現金会社から高い評価を得ているのは、家を所有し、安定した仕事をしていて、一定の勤続年数を持っている既婚者です。高い評価を得ると、試験の制限が高く設定されます。限度額を引き上げたい場合は、以前に使用したことがあり、返済を遅らせず、一定の使用頻度があれば問題ありません。場合によっては、電話で限度額の引き上げを請求することができます。現金を利用する目的で金額を増やしたい場合は、ネガティブなイメージになる可能性があるため、購入をリクエストする方が安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!