多汗症の適切な治療のために、汗腺除去法を使用して、汗が豊富な領域を切開し、汗腺を完全に除去します。汗腺の除去が心配な人や重度の多汗症がない人は、ボトックスで治療する必要があります。ボトックス治療は、実際には、独特の臭いがない多汗症の人、手のひらの多汗症の人、そして一年中多汗症のない人に行われます。アポクリン汗腺を除去して脇の下自体を治癒することはできませんが、ボトックスは発汗を大幅に減らすことができます。発汗が少なく、細菌が繁殖しにくいので、臭い自体を大幅に減らすことができます。ボトックスによる多汗症の治療には、発汗が懸念される領域にボトックスを直接皮下注射することが含まれます。アレルギーの心配がなく、手術時間は5〜10分程度で、カウンセリング当日に手術を受けることができます。入院や外来を必要とせず、術後の痛みや腫れもほとんどないので、いつものようにすぐに生活できます。もちろん、学校や職場に行ったり、お風呂に入ったりすることもできます。手術したばかりでも何も変わりませんが、数日から1週間で効きます。ボトックス注射とレーザー治療の組み合わせは、汗の量を減らし、同時にバクテリアの成長を抑制します。多汗症を治すだけでなく、汗の臭いがしたり、服が黄色くなったりすることもありません。ピュアナクレの評判

error: Content is protected !!