市場が大きく動くとき、デイトレードはそれに参加するためにマージンを取る必要があります。このため、取引可能な通貨の中で比較的ボラティリティの高い通貨を取引しています。ボラティリティという用語は、通貨市場の動きの強さを説明するために使用されます。デイトレードに推奨される通貨は非常に変動性の高い通貨です。ボラティリティを比較する場合、特定の時点の為替レートを為替レートで表し、変更後の数値をパーセンテージで表すと便利です。 2007年の米ドル/円を例にとると、外国為替市場の価格変動は17円です。円安が最も大きかったのは124円、円高の時は107円でした。一方、ポンドの価格変動は32円で、1ポンドあたりの最高値は251円、最低値は219円でした。ボラティリティに関しては、米ドルはポンドよりもボラティリティが低く、ボラティリティが低い通貨です。揮発性の高いポンドは、デイトレードに適しています。多くの外国為替デイトレードの人々は、大きな価格変動のある通貨であるポンド/円とポンド/ドルを売買しているようです。スワップポイントは外国為替の特徴であり、2国間の金利の違いによって決定されます。デイトレードで外貨を保有する時間が短いため、スワップポイントを獲得することはめったにありません。デイトレードに適した通貨を選択する際には、市場の動きがわかりやすく読みやすいこと、価格の動きが大きいことが重要です。スワップポイントについて考える必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!