紫外線は日焼けを引き起こしますが、紫外線は日焼けの一部にすぎません。日焼けは、紫外線が皮膚に当たると発生し、メラノサイトは皮膚の基底層で紫外線からメラニン色素を生成します。メラニン色素が生まれると、シミやそばかすも発生します。 UVBとUVAと呼ばれる2つの典型的なタイプの紫外線があります。肌を暗くするのはUVAで、肌を赤くするのはUVBです。紫外線は毎日日焼けを引き起こします。外出するときは、必ず日焼け止めを塗って紫外線から肌を守ってください。日焼け止めを塗ると肌が白っぽくなるのではないかと心配している方が多いようです。薄く広げすぎると、はがしやすくなるだけで効果がなく、化粧落としや汗でふき取られる場合があります。日焼け止めは効果がないのと同じです。結局のところ、日焼け止めの目的のために、日焼け止めの効果を最大化するために、可能であれば数時間ごとにたっぷりと再塗布してください。外出時にすぐに塗り直すことができるように、常に携帯してください。アポコスの口コミ

error: Content is protected !!