スーパーでアルバイトをしていると、たくさんの機械を扱うことになります。アルバイトを始める前に、自分が持っている機械の種類を検討することをお勧めします。 POSレジは、コンビニエンスストアで最も一般的に使用されているマシンです。経理機能のほか、宅急便の受け取りや発券など、さまざまな機能を備えています。また、スーパーによって機械が少し違うようです。もう1つの特徴は、製品が販売されると、情報がPOSレジからセントラルオフィスに転送されることです。検査に使うハンディ端末やスキャナー端末など、注文するのに便利なパソコンがあり、どれも小さなパソコンのようですが、慣れれば使いやすいです。コピー機は、スーパーマーケットでアルバイトをしている場合に学ぶ必要のあるデバイスの1つでもあります。紙の補充やコピー機の使い方がわからないお客様への説明も重要な課題です。写真の現像に使えるものを揃えたコンビニエンスストアが増えるにつれ、コンビニエンスストアのアルバイトに使われる機械はますます複雑になっています。私はコンビニの床掃除に機械をよく使います。それはバフ研磨機です。バフ研磨機とは、床を緩衝して光沢を出す機械で、慣れれば作業が楽しくなります。コンビニエンスストアのアルバイトに使われる機械は、お弁当箱を温めるための価格ステッカーと電子レンジが付いたハンドベラーも一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!