破産に対する弁護として、2000年7月に「特定債務等の調整を促進するための特定調停法」が導入されました。施行。この特定の仲裁法を適用するための前提条件は、債務者が破産する可能性があることです。この時点で、金融債務の利益を伝えることができます。たとえば、複数の現金ローンのために毎月の返済額が増えたために破産の危機に瀕しているとしましょう。このような場合、特定の仲裁を使用して返済を進めることができます。特定の調停の要求は、返済義務のある人が行う必要があります。ただし、例外的な状況では、必要なトレーニングを完了した弁護士またはScrivenerがあなたに代わって立つ場合があります。例えば、前回の返済総額を再計算し、利息制限法に定められた実質年利18%を超える利息を支払った場合、過払いによる利息の過大返済などの調停が返金されます。可能です。元金に支払う必要のない追加の利息を含めて使用することができます。このようにして、所与の仲裁において、月々の支払い額および総返済額を増減することが可能である。一部の人々は調停を通じて破産を免れた。それまで破産せざるを得なかった人でも、この「特定債務の調整等を促進するための特定調停法」を通じて抜け道を見つけることができるようになりました。見つける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!