返済の償還の制限期間は、何年にもわたって適用されるだけではありません。貸付法は、何かをしなければ適用されません。時効の恩恵を受けていることを消費者金融側に通知し、時効により債務を返済する必要がなくなると主張する必要があります。これは、債務消去条例の使用として知られています。時効が適用されない限り、時効が満了した後でも、現金会社などは顔の見えない返済を要求するようです。絶滅に割り当てられた時間が経過したからといって、債務がすぐに無効になるわけではありません。したがって、制限期間の満了により期間が満了した場合でも、通常通り返済のリマインダーが作成されます。このリマインダーに応じて誤って消費者金融から支払いをした場合、絶滅のレシピを失うことに注意してください。コンテンツ認証メールには、メールの配信に関する独自の記録があるため、債務を引き出す抹消レシピを使用するために使用されます。 Content-certified emailは、Swiss Postに手紙の内容、日付、送信者、および配信者を証明するように依頼する電子メールです。受け取りを拒否した場合、または欠席した場合は、郵便局に戻されます。 1週間以内に受け取らなかった場合は、通知者に返送されます。そのようなコンテンツ認定の電子メールを送信するようにしてください。コンテンツ認定の電子メールを発行することにより、貸し手が絶滅の危機に瀕している処方箋を使用する意図があることが明らかになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!