えみ姉 年齢日本の通貨である円とイギリスの通貨であるポンドは、外国為替市場において直接の取引が行なわれない通貨ペアです。
円とポンドは直接為替取引きを行なわず、クロス取引といって間にアメリカドルを挟んで取引を行ないます。

円売り米ドル買いと、米ドル売り英ポンド買いを同時に行うというわけですね。
米ドルやユーロと比べると英ポンドの通貨取引はかなり少ないのが事実なので、どうしても流動性に欠けるといえるでしょう。

基本的に英ポンドは金利水準こそ高いものの、流動性が非常に低く、結果的に値動きが荒いという性格があります。
値動きが激しいポンドは、アメリカドルやユーロといった通貨よりも投機的な値動きをします。

値動きが激しいので、ポンドを取引きする時には注意が必要ですね。
具体的には、レバレッジは低くしておいた方がいいでしょう。

最近、イギリスポンドは為替レート安の方向に大きく動きました。
これは、アメリカで発生したサブプライム問題とリーマン・ショックによるものです。

イギリスはユーロに加盟していないので、欧州債務危機の影響は直接受けていませんが、ヨーロッパ諸国に輸出をしている関係で全く影響を受けずに済むというわけではないようです。

欧州経済の低迷は英ポンドの為替レート安を加速させる可能性があるので注意が必要です。
イギリスポンドは金利の高さが魅力ですが、取引きが少し難しい側面も持っていますので、こうした点をきちんと知っておくことが重要です。

error: Content is protected !!