ボトックスの効果は永続的ではなく、個人差はありますが、最終的にはなくなります。 6ヶ月から1年後、ボトックスの効果はなくなり、多汗症の症状は注射前と同じ状態に戻るように見えます。定期的にボトックス注射などの対策を講じる必要があります。アラガンという会社がボトックスを製造していますが、以前のボトックス効果がなくなる前に、多汗症に対する遮断効果が持続する間に、新しい注射を行うことをお勧めします。半年に一度の注射を数年行った後、汗腺を発育不全にした人もいるようです。ボトックス注射は細い針を使用します。多汗症の領域では、1〜2cmの間隔で数十回の注射が行われます。 1回の注射で薬液を1〜2cm分配します。注射の痛みは、施術者のスキルレベルとレシピエントの気分によって異なります。わずかな痛みしか感じない人もいれば、強いと言う人もいます。ボトックス注射で多汗症を止める方法は、メスを使わず、背中や胃からの発汗の増加などの副作用がない効果的な治療法です。ただし、ボトックス注射は保険の対象外であり、定期的な治療の費用に備える必要があります。クリニックはさまざまですが、ボトックスで多汗症をブロックする方法は、治療ごとに約100,000〜150,000かかるようです。ルミラストの口コミ

error: Content is protected !!