体重と体型を標準の範囲内に保ちたい人は、肥満のレベルにも敏感です。標準重量として広く使用されているBMI法の式は、標準重量=重量÷高さ×高さです。 18.5以下のBMIは太りすぎと見なされ、ある程度の体重を増やす必要があります。通常の体重はあなたのBMIが18.5-25の間であることを意味します。肥満はBMI25に由来しますが、さらに細分化されています。 25〜30は肥満1、30〜25は肥満2、5段階で肥満3および4です。BMIは身長と体重のみから計算されるため、体脂肪率は無視されます。したがって、脂肪が多い人は少しぽっちゃりして見えます。実際、筋肉質の一見太った人でさえ肥満ではなく、一般的に減量は必要ないと信じています。モデルの体型は、目指すべき体型だと思っている方もいらっしゃると思います。モデルの体型は必ずしも標準の体型ではありません。体型は通常の体重よりもかなり薄く、太りすぎと見なされることがよくあります。自分の体重を知ることは自分を管理する上で重要ですが、体重だけで判断できるものではありません。常に体重に応じて体脂肪率と身長を測定してください。また、太りすぎないようにし、体型が変わっていないことを確認することも重要です。標準体重に達しても、体型を崩しても意味がありません。あなたがダイエットをするとき、あなたの筋肉を維持するのを助けるためにそれを運動と組み合わせてください。1人前食堂 出身

error: Content is protected !!